邦画大好き丸の感想文

黄金時代は去ったのか? いや、まだ邦画にも面白い作品は生まれるはずだ、多分

【感想】飢えたライオン

f:id:ba81021:20181016233234j:image

 

飢えたライオン

2018年公開

監督  緒方 貴臣

 

◉あらすじ(公式サイトより)

 

少女は、何度も殺される
ある朝のホームルームで、主人公・瞳(18)のクラス担任が未成年への淫行容疑で警察に連行された。担任の性的な動画が流出し、その相手が瞳だという噂が学校内で流れ始める。そんなデマはすぐに忘れられるだろうと軽く考えていた瞳だが、中学生の妹やフリーターの彼氏・ヒロキからも噂のことを問いつめられ、不安になっていく。

噂の影響で、瞳を性の対象として見るようになっていく周囲の男たち。友人、先生、家族にも信じてもらえず、追いつめられ、自ら死を選択する瞳。

担任教諭の逮捕と生徒の自殺は、世間の注目を集め、マスコミの報道は過熱していく。そしてその情報は、ネットや人づてにどんどん広がり、社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった。

 

◉私的評価

 

★★★★★★★☆☆☆  7/10

 

 

◉総評

 

映画をいろいろ見ていて、心温まる良い映画だったなぁとか、辛い話だったけど心に響いた良い映画だったなぁ、というのは、僕のハードルが低いことも相まって頻繁に抱く感想だ。

 

今作は決して良い映画ではなかった。社会への批判的なメッセージも多方面に目移りし過ぎていてテーマがブレていたし、似たようなカットを繰り返す構造は悪く言えば単調。終始暗くて、エンタメ性はカケラもない。

 

それでも、刺さる。感動したとか共感したとか、そんな表面的な言葉ではなく、胃袋の中にいつまでも消化されずに留まり続けて、キリキリと痛めつけてくる映画だ。

 

SNSでの拡散やネット掲示板、身近な同級生や家族からテレビのニュースに至るまで、少女は誤解され、嘲笑されてオカズにされる。一欠片の救いもない。死んでもなお、それは止まらない。

 

他人の不幸は蜜の味、とはよくいうけど、鬱映画っていうのは、そこから得られる教訓だったりだとか、何かしらの意味があるもんだ。けど、これは本当にただ殴り続けられるだけで何もない。

 

傍観者っぽい視点で、1人の少女が飢えたライオンに食べられていく様をただ眺めるだけの映画なのだ。

 

だから、絶対に人にはオススメできないし、もう一度見たいとも思わない。それでも、最後のカット、画面の奥からこちらを見つめてくる少女は、現実と作品の垣根を超えて睨みつけているようで、グラグラと存在が揺さぶられる。あれを味わってほしいと思うのは、自身も飢えたライオンだからなのかもしれない。

 

【感想】いつも月夜に米の飯

f:id:ba81021:20181016220952j:image

 

いつも月夜に米の飯

2018年公開

監督   加藤 綾佳

 

 

◉あらすじ(映画.comより)

東京の学校に通う女子高生・千代里のもとに、地元・新潟で居酒屋を営む母・麗子が失踪したという報せが届く。女手ひとつで千代里を育てた麗子は以前から男癖が悪く自由奔放で、千代里はそんな母へのわだかまりを抱えながらも新潟に戻り、残された料理人アサダとともに居酒屋で働くことに。最初は嫌々だった千代里も、個性豊かな常連客たちや酒屋の息子・瑛一、父親のように気遣ってくれるアサダらに対し、少しずつ心を開いていく。

 

◉私的評価

 

★★★☆☆☆☆☆☆☆  3/10

 

 

◉総評

 

公式のあらすじとトレイラーを見るとさ、如何にもほのぼのグルメドラマって感じじゃん?

たしかに途中まではそうなんだよ。ちょっと捻くれた女子高生が、美味しい料理と気の良い常連客とに癒されて、みたいな王道ストーリー。ありきたりだけど、出てくる料理はみんな美味しそうだし、期待以上ではないにしろ悪くはなかった。

 

だけど、主人公の母親が帰ってきてからがサァ大変。ドロドロの三角関係のスタートだ。母親に少しでも擁護できるところがあれば良いんだけど、本当にどうしようもない色ボケなんです。で、主人公が片思いしている料理人のアサダ(和田聰宏)も、母親にベタ惚れで。男が出来たから店をほっぽり出して、素知らぬ顔で帰ってきた女にですよ。主人公が一つ屋根の下にいるにも関わらず、イチャコラするわけです。当然、3人の関係はズブズブと泥沼に。

 

これ、収集つくのか?

いや、流石にそれなりの予算がかかった映画なんだからオチはきちんと締めてくれるでしょう。うん、多分なんやかんやあって、母親とは和解して、新しい家族3人で店を続けていくとか、そんな感じに落ち着くんだろうな。

 

そう考えていた僕の予想をことごとく裏切り、サイコホラーじみたウルトラCで着地するラストは、ネタバレになるので書かないけど、まぁとんでもないです。

 

意表を突いたラスト、と言えば聞こえはいいですが、主人公が抱える問題をすっかり投げ飛ばしているので、本当にスッキリしない。というかエピローグがしつこ過ぎる。

 

結局はしがない男性視点であるので、女性視点で見ればまだ別の感想があるのかもしれないけど、とはフォローしておきますね。

 

ただ、ストーリー以外にも目につく点はいくつかありまして。

 

第一に微妙だったのがカメラワーク。なんというか、引きの画が全然なくて、全体像が掴みにくいんですよ。主人公の暮らしている居酒屋もどんな構造になっているのかわかりにくいし、せっかくの新潟ご当地映画なのに、風景の映像も魅力がない。

 

シーンとシーンに繋がりを感じられなくて、結果として映画全体のリアリティが損なわれている、ように思えました。

 

演技自体は悪くないし、凡百なグルメ映画とは一線を画す展開も斬新ではあるのだけど、自分とは合いませんでした。誰でもウェルカムに見えて、人を選ぶ内容の映画。そんな感じです。

 

最後になりますが、本当に料理は美味そうでした。のっぺい汁?  いくらが入ってる味噌汁みたいなやつ、あれめちゃくちゃ食べたいです。今度新潟に行く機会があれば絶対に。

【感想】きみの鳥はうたえる

f:id:ba81021:20181005021154j:image

 

きみの鳥はうたえる

2018年公開

監督 三宅唱

 

◉あらすじ(公式サイトより)

函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)は、失業中の静雄(染谷将太)と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子(石橋静河)とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田(萩原聖人)とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。夏の間、3 人は、毎晩のように酒を飲み、クラブへ出かけ、ビリヤードをする。佐知子と恋人同士のようにふるまいながら、お互いを束縛せず、静雄とふたりで出かけることを勧める「僕」。
そんなひと夏が終わろうとしている頃、みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子のふたりで行くことになる。次第に気持ちが近づく静雄と佐知子。函館でじっと暑さに耐える「僕」。3 人の幸福な日々も終わりの気配を見せていた……。

 

◉私的評価

 

★★★★★★★☆☆☆  7/10

 

 

◉総評

 

映画の題材としては本作、かなり向いていなかったんじゃないかと思う。山場・見せ場もあまりないし、多分脚本を見ただけだと退屈そうだな、と感じただろう。

 

本編のストーリーって、簡単に言ってしまえば男2女1の冗長な三角関係なわけで、その中で誰かが死んだりとか大喧嘩したりだとか、そんなドラマチックな展開は一切ないんです。ただ適当にバイトをして、毎晩呑んだくれて、本当に『漫然と』という形容詞が似合うような生活を主人公たちは送っている。

 

ダメな監督が撮れば眠っちまいそうな内容なんだけど、それを見れる映画にしてるってところに監督の技量が現れてるんじゃなかろうかと思うわけで。最初はこれ面白いのー?って不満げに僕は見ていたわけですけど、気付けばもう無我の境地というか、批評とか全く考えずにどっぷりと映画にトリップしていた。

 

何だろう、例えるならぬるま湯?  安心感とは違うんだけど、なんか自然体で見られる映画でした。

 

全編通して青みがかった暗い描写は、鼻に付かずにすんなり魅せられたし、カットの長さもシーンごとに特徴があってテンポが一辺倒になってない。そして何よりモラトリアム特有の結論が出ない雰囲気を醸し出してる人物描写。往年の名監督が撮ってるんじゃないかってくらいこう、渋さを感じました。

 

文学的すぎてリアリティはないんだけど、極限まで角を削って丸くして、ポンと現実の函館にキャラ達を配置したみたいな。輝きを消すことであえてより際立った魅力があるみたいな。

 

いや、僕の語彙力では説明しきれないんですけど、本当に不思議な雰囲気があるんですよ。登場人物たちとその舞台。演技力の高さってのもあるのだろうけど、やっぱり何よりも監督の見せ方が上手いんだと思う。

 

聖地巡礼ってあんまりしたことないんだけど、函館には行ってみたくなったなぁ。ブラブラ歩いて夜通し飲んで、港でタバコを吸っていたい。そんなことを思わせる映画でした。

【感想】純平、考え直せ

f:id:ba81021:20180925223002j:image

 

純平、考え直せ

2018年公開

監督  森岡利行

 

 

◉あらすじ(公式サイトより)

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい〝鉄砲玉〟になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した!加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

 

 

◉私的評価

 

★★☆☆☆☆☆☆☆☆  2/10

 

 

◉総評

 

まず、良かったところから。

 

柳ゆり菜のどすけべボディ。

 

以上。

 

いや、マジで理想的なエロい女の体つきでして。それを見るために金を払ったのだと考えればまだ我慢できる。そんな映画でした。

 

まずストーリー的なところだけど、SNS要素を押し出しすぎで、はっきり言って邪魔だった。確かにサイドストーリーを描く上では便利な道具ではあるんだけど、ほとんどメインに絡んでこない上に、肝心の中身もペラッペラ。

 

あと、ネット住民たちとの交流が純平の想いを揺るがしはじめるが、ってあらすじにあるけど、そんなシーンは全くない。ちょっとは迷う描写もあるけど、純平は基本的に一貫して鉄砲玉になることを曲げてないし、そもそもネットにはノータッチ。見てすらいない。ヒロインだって別にネットの奴らに感化されて純平を止めたわけではなく、特に何かアドバイスされたわけでもない。

 

本当にストーリーに不要なんですよね、SNS

 

そして肝心のメインストーリーもSNSで出てくる脇役たちのサイドストーリーに尺を取られて、やっぱり薄味に。特に酷かったのがシーンとシーンとの時間的な繋がりが分かりにくかったこと。タイムリミットのある作品でこれは致命的だと思う。

 

迷い、葛藤がメインテーマのはずなのに、その描写がほとんどないし、そりゃあ中身スッカスカなわけですよ。

 

その代わりにあるのが露骨なエロと暴力。とりあえずぶち込んどけば客は満足するだろ、っていう浅はかさが垣間見えて。それよりももっとシーン一つ一つを大切にしろよ、って素人目ながら感じたり。

 

冒頭のシーンも良くなかった。いわゆる「張り手型」にするためにクライマックスシーンの直前から見せるんだけど、見ている側としては、なんだよ結局純平は鉄砲玉になるのかよ、ってネタバレを食らうことになる。なので、出鼻から全く感情移入ができなかった。

 

キャストは及第点かなぁ。主演の野村周平はあんまりチンピラが似合ってなくて、周りから「男っぽい」と持て囃されるのが違和感すごかったけど。

 

とまあ、もっと言いたいことはあるけど全部悪口なのでやめておきます。良いところは最初に全て書いたしね。

 

 

【感想】食べられる男

f:id:ba81021:20180918233111j:image

 

食べられる男

2016年公開(リバイバル

監督  近藤啓介

 

◉あらすじ(公式サイトより)

地球平和のために作られた条約「地球人被食制度」により、1週間後に宇宙人に食べられることを告げられた工場員の村田よしお。彼の疑問はただ一つ「僕なんて、美味しいのかな?」。その日から、宇宙人に美味しく食べられるためにクリームを塗り、ヘッドギアをつけ、下ごしらえを始める村田。時を同じくして突然できた友達・木下、生き別れた娘に会いに行くとお金の話ばかりする元嫁、そして人懐っこい女の子ゆきちゃん——それまで友達、両親、家族のいない孤独な日々を過ごしていた村田は、様々な出会いを経て、宇宙人に食べられるまでの悲しき1週間をどう過ごすのか?

 

◉私的評価

 

★★★★★☆☆☆☆☆  5/10

 

 

◉総評

 

シネアスト・オーガニゼーション大阪という自主制作映画への助成企画によって作成された本作。ですが、商業用映画として観れるものになっていたのがまず良かったポイント。

 

作品全体を通して漂う哀愁も空気が壊れることなく一貫していたし、身近なSF作品らしい「少し不思議」な雰囲気も出ていたように思う。

 

「被食制度」っていうアイディアが凄いよね。常人には到底思いつかない発想。藤子不二雄の「ミノタウロスの皿」が元ネタなのかなぁ?  とりあえず宇宙人に食べられる、というアイディアを思いついて、後からストーリーを書いたとか。それがあんな鬱々しい脚本になるのだから驚きだ。

 

だってさ、普通自分が食べられるってなったら何とか抵抗しようとするじゃん?  普通ならそっちのストーリーラインで進めそうなものを、主人公は終始食べられることを受け入れているんだよね。そっちできたか、っていう意外性の意味では抜群だった。

 

キャストに関しては主演の本多力さんが怪演。まさに彼を見るための映画と言っても過言ではないくらい。最初の全く喋らない寡黙なキャラからどんどん心を開いていく様は、リアリティがあって演技力の高さを感じました。

 

最近は地上波でも良く見るようになってきましたね。こういう個性派が活躍してくれると、映画にももっと幅ができて嬉しいです。

 

ただね、良い映画だったんだけど、少しばかり合わない部分もあって。ちょっと奇をてらいすぎた演出が目立ちました。

 

最後のシーンはまぁ、良しとしよう。ネタバレになるので言わないが、今までの余韻をぶっ壊すラストなんですけど、まだ許容できるレベル。というか、むしろ好きな部類。

 

だけど弁当食うシーンの長回しだったり、意味ありそうであんまりない主人公が持ってた石だったり、こうなんていうか、いかにも独特なセンスあるでしょ?みたいなシーンが多くて。

 

新進気鋭なので新しいことに挑戦するのは良いことだと思うけど、映画としてメッセージ性とエンターテイメント性はきっちり両立させないといけないと僭越ながら僕は思っているわけで。例え伝えたいことをカメラに撮ってもそれが面白くなければ映画としては失敗なんですよね。

 

でもまぁ、尖っていて見所は沢山あったので、好きか嫌いかで聞かれると好きな部類に入る、そんな映画でした。

 

【感想】高崎グラフィティ。

f:id:ba81021:20180918183053j:image

 

高崎グラフィティ。

2018年公開

監督  川島直人

 

 

◉あらすじ(映画.COMより)

群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えた5人の若者たちの姿を描いた青春群像劇。幼なじみの美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は高校の卒業式を終え、それぞれが将来への不安を抱えながら新生活を待っていた。そんな中、美紀の父親が娘の入学金を持ったまま姿を消す。同棲を始める彼氏に浮気疑惑が浮上する寛子、先輩に保険金詐欺を強要させられる優斗と、それぞれがトラブルに見舞われながら、5人は自分について初めて考える。映像制作会社のオフィスクレッシェントが主催する映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回でグランプリを獲得した企画の映画化で、監督の川島直人はこれが長編映画デビュー作となる。

 

◉私的評価

 

★★★★★★★★★★   10/10

 

 

◉総評

 

高校生の青春ものって、実はあんまり得意じゃなくて。なんか見ててむず痒くなるというか、恥ずかしくなるというか。

 

そんな僕が重い腰を上げて本作を観たわけですが。

 

いやぁ、最高だったよ。

 

ストーリー自体は割とよくある青春群像劇なんだけど、ずば抜けていたのがキャラクターの表現力。男3女2の5人組という極めてベタなグループがメインとなってストーリーが進むんだけど、それぞれのキャラに存在感があって、それが殺しあうことなく上手く噛み合っていた。

 

しかも、強烈な個性でキャラを立たせているわけではなく、各々の性格や抱える悩みで差別化しているので、非常に身近な人物像になっていた。バックボーンも劇中ではチラチラ見せる程度で決して説明はせず、観客に想像の余地を残しているのも非常に好印象。

 

最近の映画はなんでも説明したがるから、やっぱりそのシーンは退屈になるんです。でもこの映画にはそれがないからずっと主人公達の青春ストーリーにのめり込めるわけで。

 

例えば、入学金を持ったまま姿を消した父は、フィリピンパブや雀荘の常連で、本当にどうしようもない奴なんだけど、事あるごとに娘の話をしていた描写があるんです。でも、肝心の娘はそれを聞いてもノーリアクション。そこから親子の愛、なんて路線にも全くそれない。

 

もしここで、安直に幼い頃の回想とかにでも入ってれば、それはそれで効果的だろうけど、メインテーマである『青春』は薄れてしまう。材料を撒いているから、普通であればそのエピソードに寄り道したいと思うんです。だけどブレない。そこが上手かった。

 

そうして純粋培養された青春ストーリーは、30間際のおっさんでもニヤついてしまうような面白さと、キャラが生きているからこそ湧き出る彼らの群像劇への憧れがあって。冷静に見ればクサすぎたり現実離れしていたりするシーンもあるんです。でも見ている最中はそんな事考えられないくらいにのめり込んでいた。

 

ストーリーとして、大人への抵抗だったりだとか、協力して何か大きなことをやり遂げるだとか、そんな大袈裟な山場はないんです。それでも各シーン飽きがこない。本当にどのキャラも生き生きとしていて、だからこそ何気ないシーン一つ一つに味がある。

 

青春映画としてこれ以上ない完璧な作品だと思います。

 

スローモーションやフラッシュバックの使い方とか、確かに技術的に荒い部分はありました。それでも、そんな些事を吹き飛ばすくらいのエネルギーに溢れた、素晴らしい映画でした。

 

これ、今は上映館少ないけど話題になってもおかしくないレベルの作品なので、本当にこれからが楽しみです。

【感想】愛しのアイリーン

f:id:ba81021:20180916012125j:image

愛しのアイリーン

監督 吉田恵輔

 

 

◉あらすじ(公式サイトより)

一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男(安田顕)はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーン(ナッツ・シトイ)だった。岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造(品川徹)は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル(木野花)。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!

 

 

◉私的評価

 

★★★★★★★☆☆☆  7/10

 

 

◉総評

 

吉田監督の作品ってこれまでのイメージだと、定石をなぞりながらも、どこかでワンポイントズラす、っていうイメージでした。その変化が面白くて割と好きだったんだけど、本作は一転、ストレートにテーマを表現していたように思います。

 

そのメインテーマとなるのが国際結婚。それもお金目当ての。そして、そこに渦巻く劣情や肉欲なんかを逃げることなく表現している。

 

なので、今作はぶっちゃけかなり下品です。

モザイクも出るし、おっぱいもポロポロ出ます。しかも、それを色っぽくは描いていない。むしろ、半ば汚らしく表現しているからこそ、この映画はお腹の下あたりにズドンとくる衝撃を与えてくれるのです。

 

漫画原作なのでストーリーラインは決まっていますが、物語の分岐となるターニングポイントがしっかりと設定されていて、丁寧な脚本作りを感じられました。あーこっからヤバイな、っていう映画の空気がガラッと変わるのが、はっきり分かるんです。

 

そのシーンから前半の緩いコメディタッチは息を潜め、重苦しい現実をどこまでも転がり落ちていくのは、映画でありながらも目を背けたくなるような辛さがあり、だからこそ逆にスクリーンから目を離せなくなる。いやらしい映画を撮るようになったなぁ、と感心する反面、あまりにも観客の姿勢を固定してしまうのはどうかと思ったり。

 

というのも、登場人物を鮮烈に描きすぎているせいであんまり奥行きがないんですよ。想像の余地を与えないというか、岩男クズだなぁとかアイリーン健気だなぁとか、それ以上の印象が湧いてこない。監督が見せたいキャラクターを観客に見せるっていう点ではwin-winな関係なんでしょうけど、もう少しそこに余韻が欲しかったかなぁ。

 

映像表現に関しては、カメラワークも常に見やすくてかなり良かったと思います。薄暗い寒村が舞台ということで、邦画にありがちな『暗闇で何してるか分からない』なんてシーンもなかったし。あとはラスト、雪原の撮り方は圧巻でした。

 

俳優の演技は、多分見た人100人が100人、こう答えると思います。木野花さんがヤベェ。マジで凄いんです(語彙消失)。漫画に出てくる強烈なクソババァをそのまま引っ張ってきたかのような説得力があるし、そうかと思えば息子を思う優しい表情にもリアリティがある。冗談抜きで、今年見た映画の中では一番の熱演だったかもしれない。

 

本来であれば別のものになるはずだったラストシーンを、変えてしまったほどの迫力。これを味わうだけでも、この映画を見る価値はあると思います。

 

主演の二人も、体当たりな演技で良かったと思います。二人とも出すものボロンと出してますからね、ええ。

 

というわけで、本作は見る人によっては本当に不快になる可能性があるので、相当に人を選ぶ作品となっております。ですが、僕みたいな独り身の男性には楔のように刺さる映画となっているはずです。

 

レイトショーでビールを飲みながら、ひとり寂しく鑑賞する。それがこの映画を見る正しいスタイルである、とオススメしてみたり。