邦画大好き丸の感想文

黄金時代は去ったのか? いや、まだ邦画にも面白い作品は生まれるはずだ、多分

【感想】高崎グラフィティ。

f:id:ba81021:20180918183053j:image

 

高崎グラフィティ。

2018年公開

監督  川島直人

 

 

◉あらすじ(映画.COMより)

群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えた5人の若者たちの姿を描いた青春群像劇。幼なじみの美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は高校の卒業式を終え、それぞれが将来への不安を抱えながら新生活を待っていた。そんな中、美紀の父親が娘の入学金を持ったまま姿を消す。同棲を始める彼氏に浮気疑惑が浮上する寛子、先輩に保険金詐欺を強要させられる優斗と、それぞれがトラブルに見舞われながら、5人は自分について初めて考える。映像制作会社のオフィスクレッシェントが主催する映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回でグランプリを獲得した企画の映画化で、監督の川島直人はこれが長編映画デビュー作となる。

 

◉私的評価

 

★★★★★★★★★★   10/10

 

 

◉総評

 

高校生の青春ものって、実はあんまり得意じゃなくて。なんか見ててむず痒くなるというか、恥ずかしくなるというか。

 

そんな僕が重い腰を上げて本作を観たわけですが。

 

いやぁ、最高だったよ。

 

ストーリー自体は割とよくある青春群像劇なんだけど、ずば抜けていたのがキャラクターの表現力。男3女2の5人組という極めてベタなグループがメインとなってストーリーが進むんだけど、それぞれのキャラに存在感があって、それが殺しあうことなく上手く噛み合っていた。

 

しかも、強烈な個性でキャラを立たせているわけではなく、各々の性格や抱える悩みで差別化しているので、非常に身近な人物像になっていた。バックボーンも劇中ではチラチラ見せる程度で決して説明はせず、観客に想像の余地を残しているのも非常に好印象。

 

最近の映画はなんでも説明したがるから、やっぱりそのシーンは退屈になるんです。でもこの映画にはそれがないからずっと主人公達の青春ストーリーにのめり込めるわけで。

 

例えば、入学金を持ったまま姿を消した父は、フィリピンパブや雀荘の常連で、本当にどうしようもない奴なんだけど、事あるごとに娘の話をしていた描写があるんです。でも、肝心の娘はそれを聞いてもノーリアクション。そこから親子の愛、なんて路線にも全くそれない。

 

もしここで、安直に幼い頃の回想とかにでも入ってれば、それはそれで効果的だろうけど、メインテーマである『青春』は薄れてしまう。材料を撒いているから、普通であればそのエピソードに寄り道したいと思うんです。だけどブレない。そこが上手かった。

 

そうして純粋培養された青春ストーリーは、30間際のおっさんでもニヤついてしまうような面白さと、キャラが生きているからこそ湧き出る彼らの群像劇への憧れがあって。冷静に見ればクサすぎたり現実離れしていたりするシーンもあるんです。でも見ている最中はそんな事考えられないくらいにのめり込んでいた。

 

ストーリーとして、大人への抵抗だったりだとか、協力して何か大きなことをやり遂げるだとか、そんな大袈裟な山場はないんです。それでも各シーン飽きがこない。本当にどのキャラも生き生きとしていて、だからこそ何気ないシーン一つ一つに味がある。

 

青春映画としてこれ以上ない完璧な作品だと思います。

 

スローモーションやフラッシュバックの使い方とか、確かに技術的に荒い部分はありました。それでも、そんな些事を吹き飛ばすくらいのエネルギーに溢れた、素晴らしい映画でした。

 

これ、今は上映館少ないけど話題になってもおかしくないレベルの作品なので、本当にこれからが楽しみです。

【感想】愛しのアイリーン

f:id:ba81021:20180916012125j:image

愛しのアイリーン

監督 吉田恵輔

 

 

◉あらすじ(公式サイトより)

一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男(安田顕)はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーン(ナッツ・シトイ)だった。岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造(品川徹)は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル(木野花)。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!

 

 

◉私的評価

 

★★★★★★★☆☆☆  7/10

 

 

◉総評

 

吉田監督の作品ってこれまでのイメージだと、定石をなぞりながらも、どこかでワンポイントズラす、っていうイメージでした。その変化が面白くて割と好きだったんだけど、本作は一転、ストレートにテーマを表現していたように思います。

 

そのメインテーマとなるのが国際結婚。それもお金目当ての。そして、そこに渦巻く劣情や肉欲なんかを逃げることなく表現している。

 

なので、今作はぶっちゃけかなり下品です。

モザイクも出るし、おっぱいもポロポロ出ます。しかも、それを色っぽくは描いていない。むしろ、半ば汚らしく表現しているからこそ、この映画はお腹の下あたりにズドンとくる衝撃を与えてくれるのです。

 

漫画原作なのでストーリーラインは決まっていますが、物語の分岐となるターニングポイントがしっかりと設定されていて、丁寧な脚本作りを感じられました。あーこっからヤバイな、っていう映画の空気がガラッと変わるのが、はっきり分かるんです。

 

そのシーンから前半の緩いコメディタッチは息を潜め、重苦しい現実をどこまでも転がり落ちていくのは、映画でありながらも目を背けたくなるような辛さがあり、だからこそ逆にスクリーンから目を離せなくなる。いやらしい映画を撮るようになったなぁ、と感心する反面、あまりにも観客の姿勢を固定してしまうのはどうかと思ったり。

 

というのも、登場人物を鮮烈に描きすぎているせいであんまり奥行きがないんですよ。想像の余地を与えないというか、岩男クズだなぁとかアイリーン健気だなぁとか、それ以上の印象が湧いてこない。監督が見せたいキャラクターを観客に見せるっていう点ではwin-winな関係なんでしょうけど、もう少しそこに余韻が欲しかったかなぁ。

 

映像表現に関しては、カメラワークも常に見やすくてかなり良かったと思います。薄暗い寒村が舞台ということで、邦画にありがちな『暗闇で何してるか分からない』なんてシーンもなかったし。あとはラスト、雪原の撮り方は圧巻でした。

 

俳優の演技は、多分見た人100人が100人、こう答えると思います。木野花さんがヤベェ。マジで凄いんです(語彙消失)。漫画に出てくる強烈なクソババァをそのまま引っ張ってきたかのような説得力があるし、そうかと思えば息子を思う優しい表情にもリアリティがある。冗談抜きで、今年見た映画の中では一番の熱演だったかもしれない。

 

本来であれば別のものになるはずだったラストシーンを、変えてしまったほどの迫力。これを味わうだけでも、この映画を見る価値はあると思います。

 

主演の二人も、体当たりな演技で良かったと思います。二人とも出すものボロンと出してますからね、ええ。

 

というわけで、本作は見る人によっては本当に不快になる可能性があるので、相当に人を選ぶ作品となっております。ですが、僕みたいな独り身の男性には楔のように刺さる映画となっているはずです。

 

レイトショーでビールを飲みながら、ひとり寂しく鑑賞する。それがこの映画を見る正しいスタイルである、とオススメしてみたり。

【感想】響 -HIBIKI-

f:id:ba81021:20180914235339j:image

響 -HIBIKI-

2018年公開

監督  月川翔

 

 

◉あらすじ(公式サイトより)

スマートフォンSNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。

 

 

◉私的評価

 

★★★★★★★★☆☆  8/10

 

 

◉総評

 

本作は非常に荒い作品となっている。カメラワークはぶっちゃけ微妙なシーンが多いし(アップと引きのタイミングがシーンの雰囲気と合ってなくてしっちゃかめっちゃかな絵面)、時たま挟まれるクドい演出も苦手な人は苦手だろう。

 

賛否両論多いに分かれる作品となっているが、それでも全体を通して見ればかなり面白かった。演出の不備を取り返すくらいに他の要素が良かったと思う。

 

まずはキャスティングだけど、これは満点に近いんじゃないだろうか。

 

主演の平手友梨奈はまさにハマり役。アイドル主演にありがちなイライラする滑舌の悪さもなかったし、ぶっ飛んだ天才という難しい役所を見事に演じきっていた。あとは、とにかく目力が凄い。眼鏡の奥からギロリと睨むシーンが多いのだけど、もはやもう怖いぐらいに迫力があった。

 

そして、やっぱり小栗旬。僕はカッコいい役よりも『キサラギ』とか『キツツキと雨』みたいにオタクだったり内向的だったりな変わったキャラを演じている時の彼が好みで。才能溢れる響とは対照的に、才能の無さにもがき苦しむ裏主人公的な役柄だったんだけど、もう最高よ!  暗くてジメジメしてて、うだつが上がらない。不幸なイケメンを演じさせたら日本で一番かもしれない。

 

アヤカ・ウィルソンは見ている時は知らなかったけど、『パコと魔法の絵本』に出てた子役だったんだね。いやぁ、綺麗に成長しちゃってまぁ。響とは違って感情の上下が激しいキャラだったんだけど、上手く演じられていました。常人離れした主役に変わって、彼女に感情移入した人も多いはず。

 

とまあ、台本を当て書きしたんじゃないかと思うほどぴったりな配役ばかりなんです。だから漫画原作でそれなりに無理のある設定にもすんなり馴染むことができて。没入感マックス。

 

あとは、なんといってもやはり、響という主人公の魅せ方が見事。

 

原作からラブコメ的な要素を排除してより尖ったキャラクターになってるんですけど、だから感情移入が全くできない。何を考えてるか、理解できないんですよね。でもそこがいい。

 

響って言ってみればなろう系小説の主人公に近いんです。天才の中の天才で、他のキャラ達に賞賛されて、でも本人はクールで、「あれ、またなにかやっちゃいました?」みたいに自分を曲げない。けれど、決定的に違う部分があって、それは手放しに褒められているわけじゃないという点。人を殴れば当然非難されるし、他人の気持ちを考えないストレートな暴言は受けたキャラの心を傷つける。彼女を全面的に認めている人物は劇中には一人も存在しないんです。

 

唯一それが存在するのは画面の向こう側、つまり視聴している僕たち。映画内での行動が虚構の代物だと理解している僕らだからこそ、響の暴挙をただ楽しんでみることができる。ときおり見せる可愛い仕草にもやられちゃうわけですよ。

 

そして映画で大切な要素とされる 『葛藤』は響に影響された他のキャラ達が十二分に見せてくれるから、ストーリーとしてのバランスも保たれている。ともすれば、独りよがりな作品になってしまいがちな構成のバランスを凡人たちの苦悩によって見事に調整してるわけなんです。

 

響に蹴られた作家である鬼島仁(北村有起哉)が、響の人間性を批判しながらも、それでも直木賞芥川賞を選ぶなら彼女の作品であると言い切るシーン。一番好きなシーンなんだけど、まさにこの映画を象徴しているシーンだ。

 

はい、長めに語ってしまったけど、これ、本当に良い映画でした。

 

漫画原作、アイドル主演と地雷要素満載の本作。避けている人は偏見を捨てて、ぜひご鑑賞を。

9月公開映画見たいリスト

まだ8月公開映画も観終わっちゃいないが、それでも新作は続々やってくる。ペース配分がやべえけど、それでも出来る限りは劇場で見たい映画たち

 

◎絶対に見に行くであろう作品

 

愛しのアイリーン

飢えたライオン

いつも月夜に米の飯

 

全部あ行じゃないか……。

 

愛しのアイリーン吉田恵輔監督の最新作ということでとりあえずチェック。当たり外れはあるものの、『さんかく』や『麦子さんと』とか、ズッパシ嵌るときはすっげえ自分にドンピシャな映画を作ってくれるので期待大。

 

飢えたライオンは予告編を見て。ネット社会の恐怖って今じゃありきたりなテーマになりつつあるけど、これはその中でもスッゲェ見た後に暗くなりそうな映画。

 

いつも月夜に米の飯はフィーリングです、はい。

 

 

○多分見に行くであろう映画

 

響 -HIBIKI-

君の鳥は歌える

純平、考え直せ

 

 

まずはメジャー枠で響。原作はチョロっと読んだことあるけど、雰囲気全然違うくないですか? もっとフワフワしてた印象あるけど、予告見る限りキレッキレだし。

 

君の鳥は歌える、あちこちで聞いてて気になってます。

 

純平はリストに入れたものの微妙かも。奥田英朗原作で、読んではないけどまあ見てみようかな、くらいの気持ち。

 

そして、関東に住んでいないので大半の映画は10月に見ることになりそうです。そして10月になるとまた新作が出てきて、のループ。そうこうしているうちに年末、お正月ですよ。消化しきれないな、これ。

【感想】泣き虫しょったんの奇跡

f:id:ba81021:20180913004102j:image

泣き虫しょったんの奇跡

2018年公開

監督  豊田利晃

 

 

◉あらすじ(公式サイトより)

26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。

小学生のころから将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司の夢は、
年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。

奨励会退会後、将棋とはしばらく縁を切り
平凡な生活を送っていたしょったんに突然訪れた父親の死…。
親友・悠野ゆうやら周囲の人々に支えられ様々な困難を乗り越え、再び駒を手に取ることに。
しかし、プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。

「やっぱり、プロになりたい――」。

35歳、しょったんの人生をかけた二度目の挑戦が始まる。

 

 

◉私的評価

 

★★★★☆☆☆☆☆☆  4/10

 

 

◉総評

 

『青い春』の豊田利晃松田龍平コンビが送る感動実話ストーリーという触れ込みの今作。妻夫木聡松たか子など、主役を張れるだけの大物がちょい役でバンバン出てきて、そこは見ていてすごく楽しかった。通りすがりの一般人で藤原竜也が出てきた時も劇場がざわついたし。(喋り方のクセがまんまですぐに分かるのがすごい)

 

将棋のシーンではセリフやBGMが控えめで、パチリパチリ、という駒の音だけが響くような演出。これがめちゃくちゃ良かったと思う。緊張感が画面から滲み出しているというか、本当に対局を見ているようなリアリティがあった。

 

ただ、肝心の内容はというと、ちょっとバランスが悪いかなと。物語は少年時代・奨励会時代・大人時代の三部に分かれてるんだけど、どれも同じくらいの濃度で書かれている。少年時代・奨励会時代のエピソードも丁寧に書かれていて、なおかつ後半への伏線にもなっているから面白いことには面白いんです。でも、その分大人時代がかなり駆け足気味でした。

 

物語の肝となるのは、主人公のしょったんが一度絶たれたプロへの夢をもう一度叶えようとする大人時代にこそあると思うんです。けれども、前半に時間を取っていたせいで尺が足りない。だから、詰め込みすぎてて説明不足になっているシーンが多かった。

 

例えば、しょったんがプロになるのを棋士たちが反対しているシーンがあるんだけど、そのちょっと後に賛成多数でプロ編入試験を受けさせることに決まるシーンが来る。プロたちの改心とかは全く描かれていないので、どうしてそうなったのか見ている側としては困惑した。

 

「夢を諦めない」というテーマもうまく表現できていないなと思った。年齢制限で奨励会を去った後、特に努力することなくトントン拍子でプロへの道が拓かれるからだ。本当はもっとエピソードがあったんだろうけど、どうしても時間との兼ね合い上、描くことが出来なくて、結果としてご都合主義で葛藤のない展開になってしまったような気がします。

 

ただ、大人になるまでを濃密に描いていたおかげで、これまで出会ってきた人たちが再登場してしょったんを応援するというラストシーンは説得力があり、ベタではあるが感動できた。だから一概に構成が悪い、とは批判できないんだけど……。

 

うーん、やっぱ全体的に時間不足が否めない。連ドラにしたら面白いかも。ただ、ドラマでやるには題材が地味だしなぁ。難しい。

 

最後になるが主演の松田龍平はクールな役が多いので、こういうちょっと気弱な感じのキャラは新鮮で良かった。彼のファンなら今作は必見だ。

【感想】少女ピカレスク

f:id:ba81021:20180910221314j:image

少女ピカレスク

2018年公開

監督  井口昇

 

◉あらすじ

トップアイドルになることを夢見る新人アイドル・ヒカリ。一人でも多くのファンに“自分”を届けるため、自撮り生配信で濃密なコミュニケーションをとる毎日を過ごしていた。
そんなある日、新曲のPV撮影をすることに。ダンサーとして参加していた新人アイドル日菜子と亜依の2人と親しくなり、撮影も順調に進んでいた。しかし、“ちーちゃん”と呼ばれる少女が収録現場に現れ、撮影中止せざるを得ない混乱を引き起こしてしまう。
「いつも、ちーちゃんは大事な時に邪魔してくるんだ」
生配信中に心情を吐露するヒカリ。そして、日菜子や亜依の近くでも不可解な出来事が起こり始める。
嫉妬、憎悪、憧れ。生配信を通して映し出される、少女たちの想いとは……。

 

 

◉私的評価

 

★★★☆☆☆☆☆☆☆  3/10

 

◉私的評価

 

序盤の展開は本当に良かった。登場人物の一人一人にスポットライトを当てて、じわじわと物語の全貌が明かされていく感じ。配信画面に映る静かな恐怖の表現もツボをついてた。

 

映画としての完成度は、むしろ高かったと思うんです。低予算だけど、監督が表現したかったメッセージ性は感じられて、なおかつストーリーも単調じゃない。出演者の演技も、まあ流石に完璧とは言えないけど、そこそこ見れるものにはなっている。

 

でもさ、井口昇監督だぜ?  あの『ロボゲイシャ』とか『片腕マシンガール』の!  B級邦画が好きなら一度は目にしたことのある鬼才の!

 

だから、期待していたものと出されたものの乖離があったんですよ。おとなし過ぎる、とまでは言わないけど、全体的にメリハリがなかった。

 

この映画、起承転結の起と承まではいいんです。ぐいぐいと引き寄せられる感じで、ストーリーの先が気になる。ただ、そこからがイマイチなんですよね。物語の真相が明かされてから、変化がないんですよ。

 

同じ時間帯に起きたことを視点を変えて追っていく、というスタイルだから、「あー、そこはそうなってたのか」ってなるシーンはあることにはあるんです。だけど少ない。もっと観客の予想を裏切るような驚きを用意して欲しかった。

 

あと、映画的には見せ場になる残虐的な表現も、ちょっとダラダラしていた。犯人はやりたい放題好き勝手して、被害者は全く抵抗もしないんです。ミキサーに手を入れられそうになるシーンがあるんだけど、確かに迫力もあって良い絵面なんです。だけど、『ちょっと力入れたらミキサー倒せるだろ!』『いや、自分から指を閉じてミキサーに入れていくのか……』とか、とにかくツッコミどころが多くて。

 

一番アレだったのは、ラスト。これだけは擁護できない。ネタバレになるので詳しくは書かないけど、完全に蛇足だった。今までの展開はなんだったのか、と問いたくなる。友情出演を入れるためだけにねじ込んだシーンなんじゃないかと邪推したくなるほど酷かった。

 

とまあ、散々言ったんだけど、本作はいわゆるクソ映画というわけではなく、随所に見所がある分、途中でぶん投げて帰りたくなるようなことはなかった。エンディングが『ちーちゃんが編集したPV』という演出も最後の最後に感心させてくれたし。

 

だけど、ただただ物足りない。この映画はその一言に尽きると思います、以上。

【感想】ファミリー☆ウォーズ

f:id:ba81021:20180828234608j:image

 

ファミリー☆ウォーズ

2018年公開

監督 阪元裕吾

 

◉あらすじ(公式サイトより)

誰の目にも幸せそうな、祖父、父親、母親、長女、次女、長男、次男の7人家族の福島家。
ある日、祖父の伸介が認知症を発症し、ドライブ中に子供を轢き殺し、その死体を福島家に持ち込んだ事から福島家の崩壊が始まる。周りの関係がない善意の人々を巻き込み、福島家の殺し合いが始まる!

 

◉私的評価

 

★★★★★★★☆☆☆  7/10

 

 

◉総評

 

学生映画界を賑やかせた坂元監督の商業映画デビュー作。

 

個人的にはドンピシャでツボにはまりましたね。開幕でいらすとやの餅つきの画像が出た瞬間に、あ、これ絶対ハマるやつだわって思いましたもん。

 

f:id:ba81021:20180829010102p:image

 

 

邦画のいわゆるB級ホラーって、型にきっちりはまっちゃってるテンプレタイプか、型からデロデロにはみ出してる異物感マックスか、どっちかだと思うんですよ。『ファミリー☆ウォーズ』は断然後者で、振り切ってるんですね、色々と。

 

そうすると当然人を選ぶ作品、ってことになるんだけど、そもそもコレを見に来てる時点で映画に求める方向性は決まってるわけで。その欲望をきっちり満たしてくれる良い作品でした。

 

内容に触れていくと、後半のドタバタスプラッタももちろん好きなんだけど、前半のブラックユーモア溢れるコメディがすっげぇ面白かった。爺さんに餅を食わしても全然死ななくて、「砂糖醤油付けて」とか言っちゃうシーンは思わず吹き出しちゃったくらい。

 

というか、全体的に会話が面白いよね。割と俳優さんのアドリブらしいけど、作風にあった微妙にズレた台詞が笑いを誘う。ヤベェ性格のキャラしか出てこないんですよ、この作品。

 

映像的にはまぁ、低予算なのでそれほど良くないです。監督自ら、自主制作で撮った前作の方が映像が綺麗だ、なんて自虐するくらい。特に動きのあるシーンは普段シネコンでしか見ない人には耐えがたいでしょうね。それでも止まったカットは工夫を凝らしてるところが多くて、轢いた子供が車に張り付いてるシーンなんか、不謹慎なんだけどめちゃくちゃ面白い撮り方をしてた。

 

血みどろ描写もB級感丸出しなんだけど、耐性があれば非常に心地よい面白さがある。スプラッタお決まりの表現をこれでもか、というぐらい詰め込んでいて、ああ、そうだよこれが見たかったんだよ、なんて思ったり。

 

とまあ、万人にはオススメできないジャンルの映画になっております。こういうスプラッタ映画って清潔な国民性の日本ではあんまり市民権ないんだよね。園子温監督の『地獄でなぜ悪い』なんて、キャストが二階堂ふみ星野源堤真一と全員が予測変換で出るくらい豪華なのに絶対地上波じゃ上映されないし。

 

それでも娯楽の一ジャンルとして確立している魅力があるわけでして、なんでか分からないけどたまに見たくなるんだよね、スプラッタもの。というわけで、坂元監督にも商業用映画できっちり稼いでもらって、その金で極上のスプラッタを撮影して欲しい。

 

話題になるほどの才能をヒシヒシと感じられる本作、グロが苦手な人も得意な人も是非劇場に足を運んでください。後悔は……するかもしれないなぁ、エロシーン見て途中で帰ってた客がいたし。

 

 

追記

 

あとこの映画で一番面白かったのは撮影に使われた家が借り物で、あまりにも散らかし過ぎて家主さんにマジギレされたっていう制作秘話。ついでにその怒られた翌日にラストのスプラッタシーンを撮影したっていう監督の懲りてなさ。ロックすぎる。